2015年8月 9日 (日)

【猛暑割】はじめました。

暑い中、ご来店いただいたお客様のために猛暑割をはじめました。

店頭の温度計が32度を超えると、5%から最大30%割引になります。

熱中症にご注意の上、お運びください。

お待ちしております。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

SMIO SATOU 漆

佐藤さんの工房を訪ねたら、ちょうど漆の作業するとのことで、見学さしてもらいました。




仕掛かりのパイプ。2回塗ったもの。






1000番のペーパーで表面のムラや汚れを落とす。
塗りの回数が増えてきたら、番手を2000、3000と上げていく。









漆の準備。固まった漆や、不純物を取り除くため、不織布で漆を濾す。




筆は菜種油を着けて仕舞ってあるので、油を落とす。






パイプに漆を塗る。
まず、マウスピースを外して、シャンクから。







次にボウル。





ボウルトップは、火皿に漆が入らないように。


Img_0510



塗った漆を拭き取る。
まず、ウェスで全体を。


Img_0512



次は、不織布で繊細に拭き取る。


Img_0514



スタンドに立てたパイプは、室(むろ)に入れて乾燥させる。

漆塗りは、この作業を10回繰り返し、その後仕上げに入ります。



Img_0502



参考
穴埋め中のパイプ。
ゆっくり乾燥させなければいけないので、見極めが難しいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

【注意】デュポンニセモノ情報

Yahoo!ショッピングにS.T.Dupontニセモノが結構出てる。
販売価格27500円、超美音のキャッチコピーに要注意。
発送元の住所は北九州、福岡が多い。
中国からの発送と、支払が振り込みだけってのはまず疑った方がいい。
ポチる前に、ボトム画像を要求するといいかも。

だいたいなぁ、定価11万もするライターが開店特価17500円なんてありえない。

以下、1点ピックアップした商品ページのあら探しをしてみた。

商品名 S.T.Dupont デュポン LIGNE2 16884 ライン2

『※ライン2のスモールサイズとして発売されたのがこのギャツビー。』
型番16884は、モンパルナスです。ライン2のラージサイズね。スモールサイズって言ってるところで間違い。

『加工:真鍮+シルバーコート』
本体が真鍮なのはOKだが、これはゴールドプレートと黒漆。見ればわかるだろ。

『反響音、 大きい、高音、抜群の反響音
念の為、快音と着火確認、火の強弱は調整済みです。
快音と火の強弱、ガス量は個人のお好みで調整できます。』
S.T.Dupontの蓋の音は、ライターの完成度の高さによって副産物的に生まれたものであって、それが製品の機能ではない。ゆえに、これを強調して売り文句にしてることが裏に何かある。したがって、「快音・・・調整できます。」なんてことはありえない。

『以前に数回落札後に悪質な嫌がらせを受けました。』
そうだろう、そうだろう。なんたってニセモノなんだからね。
ちなみに、俺は直接嫌がらせしてないよ。
違反申告してるだけだからね。

このショップのアドレスなどは張り付けたりしないけど、文句があるならいつでも現品送ってくれ。
本物なら言い値の通り17500円で買い取ってやる。後払いで。
もし、ニセモノだったら送らないほうが身のためだ。その手が後ろに回るからな。

それにしても、何回違反申告しても、新しいショップになって再生してきて、新規開店したとたんに、売れ筋上位にランクしてくるのも困ったもんだ。
でさぁ、知らずに買ったお客さんが、うちに故障だと思って持ち込んできて、ニセモノ判定されちゃうわけ。
知らない人は、あのS.T.Dupontがこんなに安く買えるなんて! って飛びつくわけだ。
もうちょっと考えてほしいけど、悪いのは偽物売ってるほうだからね。

S.T.Dupont偽物情報、かれこれ10年ぐらい発信してるかなぁ。
ブランド物は、信頼できるショップで買いましょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«名刺顛末