« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

滅私奉公

今日付けの新聞記事に耐震偽装問題の容疑者の一人が、「日常生活で法律を意識して仕事してる人はいないでしょう?」と言ったとある。

貴方、「何のために仕事するんですか?」、または「何のために勉強するんですか?」ときかれて、なんと答えるか?
私は「国家民族のため」、と答える。
金のためでも、家族のためでも、自分のためでもない、公に奉仕するためなのである。
金、家族、自分のためと言うのは二次的な目的に過ぎない。
公に仁義を通す、この当たり前の事が冒頭の人間には分かっていない。
法律に決める以前に人として守らなければならないものは山ほどある。

人の営みは理屈ではない。
法律は理屈である。
理屈は後で付く物である。Kimigayozippo
君のためを思ふ、この心が日本人のすべてなのである。
決して自分や金のためではない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

不可解

なんでツトムパイプが売れないのかなぁ???
高いから? そんな事言ったらもっとひでぇ値段で訳わかんないのあるし・・・
デザイン? そんな事言ったらほんとにむちゃくちゃなのもあるし・・・
色?     ん~ たしかにちょっとなぁ と思うこともあるけど、だから何?

いいパイプなんだけどなぁ。
わかんねぇかなぁ。

Ttm1

これは高いけどね。^m^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

予防

Vfsh0034 きせるについてるシールですが、なぜか「肺ガン予防に」というコピーがついてます。何でゾウなのかも疑問だけど。
なぜ、このコピーになったか?
今を去る事40年ほど前、シガレットの紙が良くないと言う根も葉もない情報がまことしやかに流れ、それなら、紙を使わないきせるが良かろうってんでこのコピーになったようです。
そのころはパイプブームもあり、きせるが衰退の一途をたどっていくのを何とかしようという窮余の策だったのですが、如何せん、低迷がず~っと続いてました。

先日の呆け老人7名が死亡したグループホーム火災ですが、やはり火災の原因は「たばこの火の不始末」でした。
たばこってのはご存知の通り、止めろって言われてすぐに止められるもんじゃぁありません。
まして、自分の事も良く判らなくなった老人に「禁煙」を強要したところで、隠れて吸いたくなるのは人情ですな。

ところで、シガレットだと消し忘れがありますけど、刻みは灰吹きに落としちゃえばすぐに消えます。
そこでご提案
老人ホームでの喫煙は、きせるに限定!
すると、たばこは吸える、吸殻は出ない、歩きながら吸えないなどなど、いいことばかり!
で、縁台にたばこ盆置いて風情を出してやれば脳のリハビリにもなるんじゃないか?
なんて考えるのは素人ですかね。

Vfsh0034_1

老人ホームにおひとつどうぞ。
消防署に叱られるかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »