« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月20日 (土)

彷彿

Banduke どうも本場所中は仕事にならんなぁ。

上位五番、半分は外人力士なのです。
でも、一頃よりも相撲が面白いと思います。
高見山に始まって、曙、武蔵丸までハワイの大型力士が幅を利かせていた頃、「デブのつっかい棒外し」などと揶揄された時期は大味でしたが、旭鷲山を皮切りに朝青龍、白鵬と、蒙古勢の技と闘志の熱のこもった取り組みが続いています。

安馬は、往年の旭道山のようで、小兵ながら真っ向勝負、変化や引きも無く気持ちのいい相撲ですが、軽量を突かれ星が伸びません。
星の数よりも今の形を一徹に守っていって欲しい力士です。
今場所の注目は把瑠都(バルト)ですねぇ。
大銀杏が間に合わず、まだちょんまげですが、破天荒相撲 貴ノ浪のようです。
来場所以降、研究されて沈む事が考えられますが、面白い存在になると思います。
で、やっぱり本命は白鵬ですよ。
大鵬と輪島を足して千代の富士で割ったような何とも言えないいい感じになってきました。
朝青龍と東西の横綱を張るのも近いと思います。

外人力士のことをとやかく言う人が居ますけど、彼らは日本人以上に日本を体現していると思います。褌一丁で、大銀杏だもんね。
何より、蒙古人は日本人とともに世界中でも珍しい「蒙古斑」のでる民族同士、共通のDNAを持ってる(と思う)から、その相撲内容も共感するんであります。
今は日本人にとって辛い土俵が続いているかもしれませんが、彼ら外人力士の良いところをどんどん吸収して、相撲が発展していくと思います。
外人力士に感謝する時がきっと来る事を信じているのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

搾菜ひじき

Vfsh0036 1.用意するもの 搾菜(ザーサイ) ひじき ガラスープ
  ザーサイは桃屋などの瓶詰めでもいいと思う。

Vfsh00372.ザーサイを薄切りにして適当に切る。
  今回は1個丸々使ったけど、半分でもいいと思う。

Vfsh0038 3.ひじきを戻す。

Vfsh0039 4.切ったザーサイをざるに入れ、ひじきの上で塩抜きする。このときの汁は取っておく。

Vfsh0040 5.鍋に入れ、ごま油で軽く炒った後、4で取っておいた汁を少し入れ、ガラスープを加えて煮る。
  ひじきの硬さの好みによって、煮る時間は適当に。

Vfsh0041 6.できあがり。

ザーサイは好きなんだけど、普通に煮たひじきは甘いからあんまり好きじゃないんです。
あるときに、房総のひじきを貰って、どうしようか思案の末にこれを作ったんですが、結構いけるんだね。
ビール、酒、紹興酒なんでも合うし。(^_^)
挽肉入れたりすると良いかも知れないよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

慣れ?

Builder

娘がHP作りたいって言うんで、今一番メジャー(だと思われる)「ホームページビルダー10 学割版」買ったんですよ。
当然、俺のPCにもインストール。(^.^) いけないんだ!
使ってみたら、起動は遅い、レイアウトが見づらい、アイコンがごちゃごちゃうるさい、で、挙句の果ては俺が苦労して作ったファイルを開いたら「エラーが見つかりましたので修正しました。」だと?
おんどれ、何様のつもりじゃい!
このファイルはそのまんまきれいに見えとるぞ。
人が(10年も)苦労して作ったもんに今更ケチつけるなよ。

Homesite_1 
で、10年間使い慣れ親しんだホームサイト4.0でちょこっとお仕事。
起動早く、タグベースの作成も簡単、レイアウト確認もIEそのまま。
ColdFusion対応だしね。
ん~ うい奴よのぉ。 (^.^)
ただ、Windows98対応なのをそのままXPに乗っけてるからか、ファイルにアクセスするのが億劫みたい。
ま、今風のナウいレイアウトはビルダー野郎からパクって、カスタマイズはホームサイト君でやる事になりそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

んまいね(~_~)

んまいね(~_~)酒は飲むべし百薬の長 ってね。
美味い酒に美味い肴、人生無上の快楽であります。
日本酒にはやっぱり、小粋&きせるですな。(^。^)y ─┘.。o○

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »