« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月25日 (日)

おかわり

二日酔いの日は何故か無性に腹が減るのである。
腹は減るのであるが、こってりしたものは食べたくないのである。
いきおい、汁物麺類に走るのである。
ただ、普通盛り1杯では二日酔いの空腹は満たされず、大盛ではほんの少し足りないのである。
だからと言って、2杯頼むのは不経済なのである。
立ち食い蕎麦屋で二玉入れてもらったら、かけそば一杯分の代金をプラスされ、ちょっと損した気分であった。

そこで、「替え玉」というとても良心的なシステムを採用しているラーメン屋に行くのである。
このシステム、初めて知ったのは二十有余年前、「博多っ子純情」なる漫画からであった。
主人公らが連れ立ってラーメンを食べており、「おっちゃん、替え玉」と言って汁の残っている丼をカウンターに置く、するとおっちゃんが茹でた麺を一玉その丼に入れるのであった。
こんな夢のようなシステムが九州ラーメンの店にあると知り、関東にはまだ少ないその系列の店を探したのであった。

「ふくちゃん」と言うチェーン店が両国にあったので、わくわくしながら暖簾をくぐったのはかれこれ十数年前であった。
麺に乗せる具(最近ではトッピングと言うようだ)紅生姜高菜コーンわかめメンマなどがあり、乗せ放題であった。
初めは、そのうちの2種類を載せて麺を頂き、替え玉してから別の2種類で違うラーメンを食べるのであった。

この、替え玉を頼むタイミングが難しいのである。
残り数口のところで頼むのだが、食べてる最中に持ってこられてしまったり、食べてから暫く間が空いてしまい、不覚にもお冷を飲んでしまったこともあった。

未だにどんぴしゃのタイミングで替え玉が出来たことは無い。
九州ラーメン、恐るべし。

今日はヨシベーで太麺→細麺
そういえばあそこは紅生姜がないなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

鎮魂

千代の富士と並び一時代を築いていた、北天佑が亡くなった。
何故か(二十山)親方でなく、四股名で呼んでしまう。
45歳
ご冥福をお祈り申し上げます。   合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

死ななきゃ治らない?

俺は犬が嫌いだ。
なかでも野良の駄犬は特に嫌いだ。
挨拶も無しに矢鱈に吠える馬鹿犬は無性に腹が立つ。
吠えるだけ吠えて逃げやがる。

そんな腐れ外道は相手にするだけ無駄だろう。
錦糸町に来いといっても来る訳も無い。
来たところで、向かいのドトールでコーヒー飲んでこっそり見てるだけだ。
そんな奴が選挙権を持ってると思うと情けなくなる。

おい、ポチ。
うちの隣は薬局だからお前につける薬買ってやろうか?

そんな薬、ノーベル賞ものだゾ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »