« 2006年7月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年8月28日 (月)

質問

Q:パイプって、肺に吸い込んじゃいけないんですよね?
A:別に。吸い込みたきゃ吸い込めばいいんじゃない?

Q:すぐに火が消えちゃうんですけど。
A:消えたらつければいいんじゃない?

Q:たばこが辛いんですけど。
A:吸い方変えてみれば?

Q:パイプがすぐに熱くなるんですけど。
A:吸い方変えてみれば?

Q:何で最初はまっすぐのがいいんですか?
A:吸ってから考えれば?

いつもこういう回答してますが、何か?Set

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

残暑

Vfsh0049 残暑お見舞い申し上げます。

こちらは、浅草のバンダイ本社前です。
日差しが強いので麦藁帽子を被ってます。
雨の日は黄色い雨合羽を着て、一日子供たちに愛想を振りまいています。
奥のほうには、アンパンマン、仮面ライダーなども並んでいます。

ところで、このキャラなんていう名前か知ってたら教えてください。
見たことはあるっていうだけなんで。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

両替

新しい500円玉が出来てから随分経ち、自動販売機は殆どが旧500円玉を使えなくなってます。
コンビにでも釣銭で旧500円玉をくれる事はなくなりました。
が、何で銀行の両替機は旧500円玉を出すんだ?
両替ってのは釣銭作るって事でしょ?
前に何回も行員を呼びつけて注意したはずだ。
今日はもう呆れて行員呼ぶのもやめた。

その銀行は、三○●友銀行◎糸町支店です。

このクソ暑いのに、いい加減にしてホスイ。
昨日、一昨日の高校野球でとっても感動して気分がいいから勘弁しといてやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

歴史探訪

昨日(16日)、恒例の靖国神社参拝。毎度の事ながら家族で行きました。

Vfsh0045 雨が降ったり止んだりの中、鳥居をくぐる。
去年までとは全く様相が違う。参拝者が異常に多い。
手水を使い、門をくぐろうとした時、娘が「あの人柄杓に口つけて飲んでるよ」と言う。
礼儀以前に、皆が使うものなのに何故そんな使い方が出来るのか疑問だ。
手水の使い方は立て看板に書いてあると言うのに。

Vfsh0046 気を取り直し、気を鎮めて参拝。
初詣のように本殿前は参拝者の行列になっている。
さっきのこともあり、特に他人の作法を気にせず、二礼二拍手一拝し、御霊に鎮魂の祈りを捧げ、恒久平和を祈る。
例年はこの後、遊就館見学に行くのだが、落ち着いて見学出来そうも無いので、休憩所へ。

Vfsh0048 昭和十一年に家政学院長より奉献されたと言う、由緒ある休憩所です。
参拝の後は、必ずここで食事を取ることにしているのです。
エアコンなど無いのですが、開放された休憩所内は周囲の緑を抜けてくる心地よい風が通っていきます。
予想はしていましたが、今までに見たこともないくらいの混雑です。
ちょっと昭和初期にタイムスリップしたような雰囲気の店内は、靖国オリジナルのみやげ物、イカ焼き、焼き鳥、ビール、チューハイ、おでんなどなど、俺好みのものが一杯です。

Vfsh0047 で、ご注文はやっぱり「ラーメン」。ごくごく普通の醤油ラーメンです。
でもね、海の家のラーメンみたいで、ここで食べるのが美味いんです。
しかし、今までに無いような混雑の中、休憩所のおじちゃんたちもかなりテンパッてて、ちょっと麺がのびてたような感じです。(T_T)
ここのおばちゃんに話を聞きました。
「50年ここで働いてるけど、こんなことは初めてですよ。皆が関心を持ってくれて、ありがたいことですね。小泉さんのお蔭です。昨日(15日)はもっとすごかったですよ。」
この他に、焼き鳥、みそおでん、枝豆、ところてんを食べながら、ビールを3杯飲んで靖国神社を後にしました。

戦争犯罪人としてその総力戦の責を一身に背負って絞首台の露と消えた同胞を弔い、祈りを捧げることが民族としての礼儀だと思う。
敵だろうと味方だろうと、死んでしまえば懇ろに、と言うのが日本人なのであって、仇敵の墓を発き、更に死体に鞭打つようなどこかの民族とは精神性が全く違うのである。
更に言えば、日本国の裁判でこれら所謂A級戦犯を有罪として認めたことは無いのである。
主権が無い占領下で外国が処刑してしまったのであるから、被告死亡のため日本の裁判は出来ないのである。
あのチャウシェスクや、フセインですら自国の裁判を受けることができたのであるから、不公平極まりない。
靖国参拝に反対するのであれば、今から墓を発いてA級戦犯を甦らせ、改めて日本の法廷に出させるべきなのである。

今年のような喧騒が無くなり、また静かに祈ることの出来る靖国に戻るのはいつの日だろう。

で、この後日本一古い遊園地「花やしき」に行ったのでした。
日本一古いローラーコースター(ジェットコースター)は、世界一怖い絶叫マシンです。
隣家すれすれに走り、そのまま浅草寺まで飛んでいくんじゃないかと言う恐怖の30秒間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

殉国

「或る晴れた日に」

一、或る晴れた日に俺は死ぬ
  空の碧
(みどり)にとけてゆく
  そのとき俺は恋人の
  名前をそっと呼ぶだろう

二、もし貴様よりこの俺が
  先に死んだら頼んだぞ
  この黒髪の一掴み
  送っておくれふるさとへ

三、嗚呼もう一度お母さん
  会ってお別れしたかった
  銃剣ラッパ聞くたびに
  明日を棄てて散るを待つ

四、ただ一筋に靖国の
  宮に続いている命
  いつでも俺を呼んでくれ
  霞ヶ浦で待っている

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

時代遅れ

時代遅れ

日本人のDNAなのである。
焼酎、ぐい呑み、するめ一夜干しの3点、いずれも頂き物であります。
小粋を燻らせ、至福のひと時なのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

審判

やっぱり書いといたほうがいいかな。

一昨日の亀田の試合なんだけど、あれ、疑惑の判定でもなんでもないと思うよ。
ドローの採点したらいけないんだったら、あの判定が出てもおかしくない。
ダウン取られても逆転がありうるんだな。
亀田もイマイチだったけど、相手も決め手を欠いていたんだからしょうがないでしょ。

それより、毎日とTBSが騒ぎすぎ。
一般紙がスポーツ紙みたいな記事書いて煽ったり、全国ネットで○クザの親分衆大勢放映しちゃったりしておきながら、亀田のことごちゃごちゃ言えた立場じゃないと思うぞ。

もう一回言っとく、あの判定は疑惑なんて無い、ありうる判定だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年11月 »