« 2006年8月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月28日 (火)

質問2

Q:パイプって難しいですか?
A:難しく考えると難しくて、簡単に考えると簡単です。

俺はこういう風にしか答えられないんだけど、
この答え、意味解らないかなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

差別

自分より劣るものを見つけ(作り)だして優越感を持つのは人間の性(さが)なのだと思う。

中世日本で民衆統治の方便として作られた身分差別然り、公害などのスケープゴートとしてのたばこバッシング然り。
先日、週刊ポストに掲載された「受動喫煙は子供の発がん性を低下させる」と題する記事を読んだ方も多いだろう。

禁煙、嫌煙論者はスモーカーを「被差別階級」化し、社会から隔離する「喫煙アパルトヘイト」を提唱している、現代の差別階級と化している。
あろうことか、禁煙・嫌煙ファシストは小学校にまでその歪んだ思想教育を強要し、喫煙差別を児童生徒に潜在意識化させようと目論んでいる。

喫煙による納税に見返りは無く、我々スモーカーはただひたすら搾取され続けるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

Photo

五条の問いかけに自信を持って答えることは出来ないのであります。
しかしながら、第一条の「至誠に悖るなかりしか」の問いかけには、自信を持って、「いつもそのように心がけております」と答えられるようにしていきたいのです。

ルールのある競技に臨むときに、ルール以前に他の競技者や審判、スタッフに対しての礼を重んじ、真摯に向き合うことが大切です。
ちょうど一年前、全日本剣道選手権のことを書いた。
選手の態度、所作は他のどの競技よりも潔いと感じます。

某連盟の2年続きの不祥事で、嫌気がさしてしまっているスモーカーが多い中、わからなければOKというような言い方をする人も居ると聞きます。
競技にはルールがありますが、それ以前に誠の心を持って臨むことが本道です。

ま、俺の場合、前述の団体とは距離を置いてるから野次馬の域を出てないけどね。
それにしても、今年の剣道選手権決勝、本当に見事な面一本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年12月 »