« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月18日 (日)

名前ってか

もともと庶民が姓なんか持ってなかったんだから、無くていい。
姓名の「名」だけで充分。
田舎行くと部落全部同じ姓なんて珍しくないでしょ。
そうゆうとこは、屋号とか在所で呼んでたりするじゃん。

ご先祖様が有名だったとか、土地の名門だとかにこだわる人は別として、庶民は「姓無し」もアリにすればいいと思うぞ。
で、姓が欲しくなったら金払うとか。dollar

俺は別に姓が絶対必要だとは思わないけどね。

ブログネタにつられちまったぃ。sad

ブログネタ: あなたは“夫婦別姓”に賛成? 反対?参加数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虎馬

永六輔と、野坂昭如は、「国家」とか「戦略」と言う単語に過敏に反応するようだ。

昨日付け毎日新聞東京版は奇しくも両人のコラムが重なり、この年代が持つアレルギーが如実にわかるのであった。

二人とも
「国家」=権力を持って悪事をなす、と思っていて、
「戦略」=軍隊の作戦行動、のような先入観を持っている。
永六輔に至っては、「ジャイアンツは巨人だから嫌いだ。」とまで宣うのである。

そこで、新政権が創設した「国家戦略局」と言う呼称に噛み付いているのである。

確かに、この二人の体験からするとこの単語に過敏に反応しても致し方ないとは思う。
でも、俺は特に何とも思わないし、却って国家観や戦略の無い政治のほうが危険だと思う。

この2老人、戦争で本当によっぽど酷い目に遭ったということはわかるのであります。
でも、もっと違う次元で話のできる人たちだと思ってたんですけどね。

お二方ならどんな名前にするんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »