« 2010年8月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

たばこ事業法

第一条  この法律は、たばこ専売制度の廃止に伴い、製造たばこに係る租税が財政収入において占める地位等にかんがみ、製造たばこの原料用としての国内産の葉たばこの生産及び買入れ並びに製造たばこの製造及び販売の事業等に関し所要の調整を行うことにより、我が国たばこ産業の健全な発展を図り、もつて財政収入の安定的確保及び国民経済の健全な発展に資することを目的とする。
 
わが国のたばこ産業は、果たして健全に発展してるんでしょうか。
関東財務局管内で、11月30日から12月24日までにたばこ販売許可を得た業者、個人は148件です。
このうち、コンビニがなんと104件で7割を占めています。
大資本の販売戦略として必ず売れるもの、つまりたばこを商材として確保する為に法律に則って立地を選定するのは当たり前です。
結果、許可者数にコンビニが占める割合が多くなるのは当然と言えば当然です。
 
たばこネット販売調査2」で経緯を書きましたけどね、この時に担当官から次のように言われました。
「法律に基づいて、場所と人に対して販売許可をします。」
場所ってのは、隣のたばこ屋からの距離が規則で定めた以上のものであること、つまり離れてなきゃダメってこと。
人ってのは、過去にたばこ事業法関係で罰金だとか禁錮だとかの処分を受けてない人のこと。
 
このネット販売調査の前に、許可申請をしてたんですがね、今年の1月に。
その返事がこれ。
Photo
まぁ、なんともあっさり断られちゃいました。
法律で決まってるんだから、しょーがないっすね。
別にお役人様に文句言っても始まらないし、だからってアンポンタン国会議員様たちはたばこ事業法なんか構ってる暇はないでしょうし。
 
たばこ販売許可ってのは既得権益化してるんですね。
一回取っちまえば、滅多なことじゃ取り上げられないし、すぐ隣に気の利いた販売力のありそうな同業者が出店することも無いんです。
うちだって錦糸町駅前だからそこそこ人通りあるんですよ。
そんなところでも50m以上離れてなきゃいけないんです。
だからって隣のたばこ販売店のことをどうのこうの言うつもりは無いですけどね。
 
たばこ事業法には、寡婦だとか障碍者にはその距離規制をまけてくれるっつうか、割引してくれる条項があるんですけどね、その前にコンビニがバンバン許可とってたら割引されてても間に合わなくなっちゃいます。
 
たばこは財務省が収税商品として固めてるんですけど、其処へ「健康税」とか何とか屁理屈をこねて最近割り込もうとしてるのが厚生労働省で、そんな事情もあって10月の大幅値上げになっちゃいました。
 
巷間、今までご夫婦でやってきたような町のたばこ屋さんの廃業が相次いでます。
こんな利幅の無い、税金払うだけみたいなもの売っててもやって行けなくなってるんですね。
 
たばこ農家のことは詳しくわかりませんけど、今回の値上げでだいぶ生産調整っつうか需要が減るんで大変だ、みたいなこと仰ってましたね。
 
まぁ、こんな事情なんですけど、ほんとにこれがたばこ業界の健全な発展と言えるんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

異常??

ツイッターのせいではないですけど、久しぶりのブログ更新ですな。

忘年会シーズンであります。
12月に入ってからすでに3回忘年会やりました。

で、この商売だもんで、たばこの話になって、その時の会話。
W 「留置所でもたばこ吸わせてくれるのにねぇ。なんで娑婆でこんな目にあうんでしょうね。」
俺 「そうなんだよね。3時になると運動の時間があって、その時に預けておいた自分のたばこ吸わせてくれるんだよ。」
F 「刑務所は禁煙ですよね。」
俺 「刑務所や拘置所は禁煙みたいだけど、昔の留置所は吸わしてくれたよね。」
S 「へぇ~、よく知ってますね。」
俺 「え?だって入ったことあるもん。」
ちなみに、昔ちょっと暴れて入っちゃったことがあります。
一同「え゛~~ 入ったことあるんですかぁ???」
俺 「え?みんな入ったこと無いの? 普通入ったことあるじゃん。」
一同「ありません!入るほうが異常です!!!

ん~、俺の周りは入った奴が多いから当たり前のように思っていたけど、やっぱり入っちゃいけないところだったんでした。
ちなみに俺が入ったのは数十年前の大馬鹿だった頃で、それっきり用が無くなってますので、念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2011年1月 »