« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月13日 (日)

宗教法人相撲協会

ツイッターでも宗教法人騒ぎになってるんで、行きがけの駄賃てことで。

玉木正之氏の言うように、あくまでも宗教法人というのは選択肢の一つであって、当事者の意向ぢゃねぇでしょ。
公益法人格存続が第一義的な目標だけど、一般的にはかなり問題がありまさぁね。
俺は、宗教法人化って大真面目に言ってたんだけど、誰もシャレでしか受け止めてくんないんだな。

その割には、八百長は断じて許せないとかって、しゃれにもなんない杓子定規になっちゃって、遊びが無いんだわ。
ハンドルもブレーキも遊びが無いと事故るじゃん。

まぁ、時の流れとともに時代も変わって、相撲がスポーツになって、任侠博徒が暴力団になっちまった今じゃ、こういうことになってもしょうがないかもね。

でもさ、メールって言う動かぬ証拠が出ちゃったから、今までろくすっぽ相撲を観てもいねぇくせに鬼の首取ったみたいに騒いでる連中はさ、千代の富士と貴花田の一番をどう観るんだろうね。
北の湖と千代の富士は? 遡って、柏戸と大鵬は? 北の富士と玉の海は?
戻ってきて、寺尾と貴闘力は?
最近では、白鵬と稀勢の里は?

制度が問題だとか、待遇を改善しろとか、ごっつぁん体質がどうのとか、そんなの枝葉末節。
くだらねぇんですよ。
今朝のサンデーモーニングでコメンテーターのご婦人が、「日本人全体の気風(?)の変化が投影されていると思う。」みたいなことを仰ってましたがね、蓋し名解説だと思いますよ。

スポーツなら、スポーツ刈りで蝶ネクタイの審判が合わせる国体だけでいいでしょ?
相撲の世界大会なんか、勝った奴が土俵で雄叫び上げるでしょ?

俺はそんなの相撲じゃなくて、SUMOだと思ってます。
柔道がJUDOになったのと一緒。

だから、宗教法人化が妙案だと言ってるんです。

こういうことは、文字で表現することが非常に難しいですね。
なんつうかな、、、ぼかしがね。
YESでもNOでもない・・・

だから前回「阿吽」てタイトルにしたんですけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

宝船

Takarabune1

新銘柄の刻みたばこ「宝船」のサンプル入手しました。
柘製作所謹製であります。
ベルギー製、20g、500円で、3月1日発売だそうです。

Takarabune2

パウチをあけるとこんな感じで。。。

Takarabune3

早速詰めて。。。

Takarabune4

一服してみました。
なんと言うか、ナチュラルな柔らかくて甘い、いいブレンドですな。
灰落としもスムーズで、往年の山吹とは大違い。
ちなみに、山吹は一服しただけで全部捨てました。pout
ふと、ゴールデンバージニアに似てるかなぁって感じたので。。。

Takarabune5

比べてみたら、あらそっくり!
宝船のブレンドは、黄色葉(ヴァージニア)70%、バーレー19%、サンキュアード・バーレー7%、オリエント4%だそうで、味も近いってのが納得。
ぢゃ、ってんで手巻きにしてみたら、これがまんまいけます。
きせると手巻き兼用って事でいいんじゃないかな。

でも、やっぱり小粋の域には及ばないだろうと、

Takarabune6

だよなぁ、この細さは。
で、ふと思いついて乾燥して粉々になった小粋を宝船に混ぜてみたところ、結構いけちゃうんだな。これが。

結論:いいと思います。◎

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

阿吽

金剛力士像ってのが雷門の左右に鎮座(?)しとるんだが。
向かって右だったかが、阿形で口を開いてて、左が吽形で口を閉じてんだね。
力士ってんだから、体を張って悪霊からご神体を守護してるわけだ。
で、この雷門の中が結界となるんだな。

このぐらいのところが、誰に教わったわけでもない、ガキの頃からの肌から入ってきた感覚的学習結果とでも言うもんかな。

で、相撲だけど。
珍しく食いつきがあったんで補足も兼ねてもう一回。

> 早急に公益法人の看板を外すのが先決では。

ここだけ切り取ると、ごくごく一般的なステレオタイプテレビのコメンテーターだけど、

> 税の優遇された立場さえ放棄してくれればね。

あ、そういう事でしたか。
当たり前のことだと思いますよ。
だいたい、公益法人なんて後から政府が恩着せがましく取って付けた様な制度なんだからして、要らんのですわ。
税金、つまり銭絡みだから

> 脊髄反射的な反応しか出来な

のも無理は無いんじゃない?

相撲ってのは、税金負けてもらったり、文化だ伝統だって小理屈で続けるもんじゃないんだと思う。
大体、土台になってる神道には、教義とか決まったご本尊とかが無いわけで、ご神体は山だとか、岩だとかだったりして相当アバウトなもんなんですな。
てことは、天皇の男系継承と同じように理屈で続けるもんじゃないわけで。

どうも、なんだかわかんなくなってきたけど、まぁ、理屈じゃねぇんですよ。
その、理屈にならんものに理屈をつけようってんだから、訳わかんなくなるんだな。

今日(2月11日)の毎日新聞「論点」で玉木正之氏がうまく纏めてくれてますがね。
宗教法人って、妙案だと思うよ。税金優遇されるしね。
ただ、ご本尊と、教義が・・・ これも後から取ってつけた法律の規定なんだなぁ。

その「論点」の三者が同様に指摘してたのが、「心」の問題。
これが一番大事なことです。
相撲だけじゃなくて、日本の精神文化全体の問題が相撲界に投影してると思いますよ。
善人面して相撲たたきしてるのは、天に唾するような行為だと日本人須らく反省する時じゃないかね?

ちなみに、八百長ってのは直接銭絡みの勝負に対して言うことで、その勝負に銭張ってないんだったら、八百長とは言わない。
当人同士の話し合いで勝負をやり取りするのは、星の貸し借りなのであります。相撲の場合。
そこんとこお間違いの無いように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

嗚呼 大相撲

ほんとに馬鹿だと思うわ。あの相撲取り連中は。
奴らに隠語とか符丁をちゃんと教えてやれってんだよ。
メールの内容なんかモロそのまんまじゃねぇか。
隠語符丁で、道具使わないでやり取りしてたらどんな言い逃れだって出来るってのに。

総じてメディアの論調もおかしいな。
テレビなんか偉そうに言えるだけの仕事してんのか?
みんな演出と編集とやらせじゃねぇか。
政治家や役人だって、テメェらのやってることが八百長じゃねぇか。

永六輔、吉田照美、伊藤四郎、この辺は冷静に「わかってたけど、モロに証拠出ちゃうようなまねしなさんな。」って感じでいいんだけど、みのもんたはなんかわかってねぇ感じね。
「相撲協会解散しろ。」って、無茶苦茶だろ。

NHKだっておかしい。
すぐに中継中止すんなよ。
空席だらけで、「八百長!」って野次が飛び交う本場所をきちんと中継してこそ公共放送だと思うぞ。
嫌なもの見せなきゃいいってもんじゃねぇだろ。

だいたいね、相撲ってスポーツじゃないでしょ。
「相撲は日本固有の宗教である神道に基づいた神事」(ウィキペディア)なんだからして、場所前の土俵祭り、土俵入りや行司の装束、所作すべてを包含して相撲なんで、土俵上の取組だけが相撲じゃない。
更に興行という要素が古来からあるのであるからして、そこに演出があったとしても何もおかしいことは無いんだよ。
そこに、スポーツマンシップみたいなもんを持ってくるような馬鹿はコメントしないで欲しい。

俺ら中学の時だって、
「昨日のあれ、星貸してやってるよな。」
「あぁ、あれはやってるぜ。」
なんて会話が毎場所ごとにあったわけだ。
中学生ぐらいになって、ちゃんと相撲観てる奴だったらその位の事はわかるのだよ。
そんで、その上でやっぱり相撲が好きで、国技館の立ち見に行ったりするんだよ。

そう、やっぱり相撲が好きなのだ。
だから、本場所中止なんて絶対に許したくない。
上っ面だけでモノを言うメディアとか、馬鹿な政治家や役人に楯突いてでも本場所やってほしい。
土俵が針の筵になるのは必定だけど、やっぱり相撲が観たい。

この難題は魁傑に解決してもらうしかない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »