« 2011年7月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月31日 (土)

続 たばこ事業法

第一条  この法律は、たばこ専売制度の廃止に伴い、製造たばこに係る租税が財政収入において占める地位等にかんがみ、製造たばこの原料用としての国内産の葉たばこの生産及び買入れ並びに製造たばこの製造及び販売の事業等に関し所要の調整を行うことにより、我が国たばこ産業の健全な発展を図り、もつて財政収入の安定的確保及び国民経済の健全な発展に資することを目的とする。
今のたばこ産業を健全に発展させる根拠ってどこにあるんだろ?
事業法はきれいごと書いてるけど、要するにたばこは完璧な収税商品として機能してるわけで、そこんとこの本音は言ってないんだな。
産業の健全な発展=完璧な収税 ってわけだ。
たばこ販売を免許制にしてるのも、扱い商品を完璧に把握して1円漏らさず税金を吸い上げるようにするためだと解釈すれば合点がいく。
きっかけは日露戦争の戦費調達なんだけど、安定税収の優等生なのでいろんなことに悪用されていくわけだ。
記憶に新しいのは、旧国鉄の債務返済財源にされちゃったことだな。
たばこ税は割と簡単にいじれるし、たばこ呑みは大人しくてあんまり文句言わないからすぐ値上げされちゃうんだよ。
ほんとは値上げしたたばこ税で全国に快適な喫煙所作るぐらいの事しても罰は当たらんと思うぞ。
今年の震災の復興財源でも浮上したし。
別に、たばこ値上げして復興財源にしてもいいよ。
そのかわり、パッケージに「復興税15円を含む」って書いてくれよ。
で、被災地で売るたばこは15円安くして売ればいいじゃん。
と、ここまで書いてきてあほらしくなってきた。
ところで、震災以降、行儀の悪い自転車乗りが増えて困ります。
たばこ税で、自転車道路を整備してください。
そのために、たばこが5円値上がりしても、俺は我慢できます。
今年はいろいろと大変な年でしたけど、どうやら生きて新年を迎えられそうです。
みなさまどうぞ良いお年を。
ちなみに、私儀喪中に付き新年のご挨拶はご遠慮させて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2012年2月 »