2012年2月24日 (金)

武道必修

この4月から、中学で武道(剣道、柔道)が必修になるんだそうだ。
とりあえず、喜ばしいと言っておく。

さて、その武道の指導について侃々諤々の議論がありますが、どいつもこいつも的を外した物言いしかしていません。
大体からして、言い出しっぺの文部省が現場丸投げ無責任だからしょうがない。

剣道については防具が必要だから費用が掛かるとか、柔道は事故が多いから問題だとか。

オリンピックの柔道競技や、文化の日に行われる全日本剣道選手権を見れば、どのようなものかはわかります。
しかし、全く経験のない中学生にはどのように指導すればいいのか?

剣道についてですが。

稽古に入る前に道場を掃除する。
正座、礼の仕方を教える。
まず、これだけで一コマいっちゃいますね。

剣の扱い方を学ぶ。
切っ先を床に着けて杖代わりにしないとか、むやみに剣を人に向けないとか。
これで二コマ目。

立ち方、構え方を身に着ける。
ここでやっと三コマ目。

ここら辺から、やっと基本の動作を教え始められるかなってとこでしょう。
礼に始まり、礼に終わるってことすら知らないのがいるでしょうから、もうちょっと先かも。

ここまでで、おや?と思った人がいるかな。
竹刀ではなく、剣と書いてます。
つまり、刃(やいば)を扱う武道がどういうものか、少しずつ理解させていかなければ武道必修を取り入れた本来の目的である精神修養から外れてしまうのです。
その為には、真剣を用いるのが理想ですが、とんでもない話なので木刀を使えばいいと思います。

基本の動作を教えるだけでも相当時間を割かなければいけません。
その上で、形を徹底的に教えればいいと思います。
日本剣道形でググればYoutubeで山ほど出てくるのでご参照ください。

なにも、防具をつけて、竹刀で打ち合うだけが剣道ではありません。
剣道を教えるのに、防具は必須ではないと思います。

形稽古であれば、体力のない生徒でも無理なく参加できるような指導計画が立てられると思います。
その道を志して道場に入門したのならいざ知らず、必修になったというだけで無理やりやらされるという感情を持つ者もいるはずですから、いたずらに実戦を教える必要はありません。

中学校の授業ですから、指定の体操着でやればいいと思います。
無理に道着を揃える必要はありません。
学校が用意するものは、人数分の木刀と、指導者です。

重ねて言いますが、武道必修の本来の目的は何か。
教育関係者やマスコミも、表層だけで議論しているように見えて仕方がないので、久しぶりのブログアップでした。

あ、剣道だけについて書いちゃいましたけど、柔道も同様な考え方でいいと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

相撲中継再開せよ #sumo

本場所が始まると、パソコンのTVチューナー経由で相撲中継を見ながら仕事をするのです。
同じ画面の中にIEとTVがあって、便利でいい時代になったと実感する15日間なのです。

ところが、クソッタレNHKが金(放映権料)払ってるくせに中継をしないなどと与太飛ばしやがったのであります。
報道機関の風上にも置けないやり方なのであります。

スポーツ中継と言う側面からは、娯楽と言う部分がありますが、実況中継となれば、ある意味報道と言うことになるのであります。
そこには、今現実に起こっていることを包み隠さずに知らせると言う報道本来の仕事がありますが、今回NHKはその本来業務を自ら放棄、サボタージュしているのであります。

これは断じて許されることではありません。

野球賭博問題で世間の批判が激しいとか、砂かぶりにヤクザが座ってたのを中継しちゃったとか、それで警察の手入れが入ったとか、そんなことはNHKの生中継に直接関係無いのであります。

実況で、
「ここで桟敷席の観客が係員に促されて退場しています。おそらく不適当な関係の人だと思われます。」とか、
「有力スポンサーが多数懸賞を見合わせたため、結びの一番としては過去最低の懸賞数です。」
なんてのがあったら、それは立派な報道なのであります。

北の富士、舞の海コンビの解説が砂を噛むようなものであったり、総合テレビの中断ニュースで警察発表があったりすれば、視聴者は嫌悪感を持つのですが、それこそが今、相撲協会が真摯に受け止めなければいけないものなのです。
そして、批判が集中しようとも、受信料不払い運動が再燃しようとも、NHKは相撲を中継しなければいけないのです。
NHK相撲中継に対する批判は、そのまま相撲協会が受け止めるべき非難の嵐なのであります。

無知でゴマすりで流されやすい大衆に、今起きている現実を突きつけることが報道機関の使命なのであります。
こんな報道機関は、戦前戦中の大本営発表をそのまま垂れ流していたことを反省すらしていない、外道なのであります。
世論と言う、強大な妖怪に立ち向かってこそ、真の報道なのであります。

今からでも遅くは無い。
NHKは大相撲中継を再開せよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

裏の組織?

結婚式などの祝儀は普通だと3万円ぐらいだろうけど、これが相撲の世界になると一桁違うのは常識になるんだな。
千秋楽の打ち上げに行く時だって、普通の感覚で1万円の祝儀持って入ったら思いっきり笑われる。

小学生だって博打はやる。
ベーゴマ、トランプ、みんな賭けるから面白いんだよな。
でも、俺の場合は早くから博才が無いことを悟っていたので、あまり参加しなかった。
麻雀も打ち方ぐらいは知ってるし、競馬の馬券も買うことは出来る。
これは全部賭博だっぺ?

相撲取りに限らず、人が博打を打つのは止められないと思う。
マスコミや(所謂)知識人と言われる連中が、揃いも揃って自らの行状を棚に上げて相撲とヤクザの繋がりや賭博を槍玉に挙げるあの態度には腹が立つ。
公然の秘密だったものを、何故今更?

相撲興行をヤクザの手から切り離し、その巨額資金を横取りしようとする動きが背後にあるかもしれない。
それが、合法的な大企業だったり、あるいは行政であるかもしれない。

軽い二日酔いだから、頭が回らない。
したり顔でコメントしている連中を見るとただでさえムカつく腹具合に加えて胸焼けもしてくるからこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

闘志

大相撲5月場所、盛り上がって日馬富士の初優勝でした。
Image031
白鵬を決定戦で豪快に投げ飛ばして決めた初優勝、ほんとにおめでとう。

カド番の千代大海、崖っぷちで勝ち越し。必死の形相に悲壮感。
Image030
良くぞ踏ん張った。
魁皇も満身創痍で頑張ってた。
稀勢の里、栃煌山、豪栄道、この古参大関二人に早く引導を渡してやれ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

箱根駅伝

コネタマ参加中: 年末年始のテレビ番組、見逃せないのは何?

Image025

やっぱり見ちゃうのであった。
今年は屈辱の1秒差落選から4年、晴れて予選会5位通過だったのであります。
しかし、シード権確保ならず。crying

スタートのところへ応援に行ったら、応援の小旗をもらいました。
やっぱり、現場は盛り上がりますねぇ。
各校応援団が太鼓を鳴らし、蛮声を張り上げての応援合戦。
そんな中で応援団のないわが母校はちと寂しい状況。

今年は繰り上げスタート1校、リタイア1人と、悲しいことが少なくて済んだのは良かったと思う。

来年、またこの小旗を使えるように頑張って欲しい。
そんで、シード権確保して欲しい。また応援に行くからな。

キット勝チマス 勝タセマス 押忍!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

明鏡止水

1

今年も見てしまいました。
全日本剣道選手権。

満場水を打ったように静まり返り、一瞬の隙を付いた片手面が決まり、20分近い決勝が終わりました。
勝って驕らず、負けて腐らず。
これが本当の勝負だと思います。

世界選手権での王座奪還に向けて精進してください。

頑張れニッポン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

闘魂3

Nicemiddle_top_r2_c1_2

試合の様子をリポートしようと思ったんですが、テレビ放映が決まりました。

BS4「キズナのチカラ」
http://www.bs4.jp/entame/kizuna/oa/thisweek/index.html

御用とお急ぎでない方、地デジ受信可能な方はご笑覧ください。
ナイスファイトでしたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

闘魂2

Nicemiddle_top_r2_c1_2

明日の試合にセコンドで付くことになっちゃいました。
しかも、メインの試合。
「モンスター“THE LASER”SAKURA」なんて、スゲェ名前つけたもんだ。誰が考えたんだ?

仕事柄週末は拘束されるからスポーツの試合は縁遠かったけど、このイベントは夕方から始まるので、店が終わってから大急ぎで駆けつけられるので引き受けられた。

ほんとに久しぶりのセコンドワーク、大丈夫かな。
いや、熱くなった自分の言動が不安なんですよ。
悪辣な野次飛ばしちゃったらどうしよう。sad

でも、久しぶりに「血が騒ぐ」のであります。happy02
貴奴をどうやってハイテンションのピークに持って行ってやろうか。up
アドレナリン大放出impactさせるには。。。

後日、続編で試合の様子をお知らせしますのでお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

秋場所間近

北の湖、理事長辞任。
三重の海新理事長就任。

北の湖辞任は遅すぎるし、平理事に留まるなんてのは大甘。pout
大嶽(貴闘力)が降格処分なんだから、自らを処断するぐらいの腹が欲しい。

後任の三重の海だが、杉山邦博さんは「大変な苦労をして横綱になったので、酸いも甘いも知り尽くしている。北の湖よりもよい采配をするかもしれない。」と言うようなことを話していた。
たしかに、三重の海の現役時代の苦労は並大抵ではなかったと思う。
実際、大関陥落、復帰、横綱昇進はこの目で見ているので、「大変な人だなぁ」と思って見ていた。その苦労の多さからか、横綱は短命で終わったのである。

引退後、武蔵川部屋を立ち上げ、一時は角界を凌駕する勢力になっていった。が、その内容は、武蔵丸(ハワイ出身)、武双山(専大)、出島(中大)、雅山(明大)と、明らかに即戦力重視だったのだ。
当時、双璧をなした二子山部屋は、貴乃花、若乃花、安芸の島、貴闘力、貴ノ浪と、全員が「たたき上げ」だった。

相撲に求められるものは土俵の上だけ強い力士ではない。
様式美と精神性を体現した上での強さを備えたチカラビト同士が、丸腰でぶつかり合う美しさなのである。
その美しさとは、力や技のみの強さからは表現されないものなのである。
ただ「強い」だけでいいのなら、プロレスやその他の「格闘技」に行けばいい。

相撲取りになろうって連中は、力を持て余した札付きや乱暴者で、品性などは備わっていない奴も多いのである。
品格を備えるための「時間」を惜しんで、興行のためだけに即戦力ばかりを注入したツケが回ってきたのだ。
果たして、そのツケを払いきる甲斐性が三重の海にはあるか?

なぜ、髷を結い、褌一丁で、礼をし、力水をつけ、塩を撒き、ちりを切って相撲を取るのか。
その意味をもう一回噛み締めろ。

「若の鵬が持ってたパイプ、ラピエールさんで買ったの?」
と言う質問が数十回寄せられましたが、違います。うちではありません。あれは六本木で買ったんだそうです。

確かに、事件はうちの店舗から歩いて数分、錦糸町駅の反対側でしたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

闘魂

Nicemiddle_top_r2_c1_2

先日、後輩から電話があり、「ナイスミドル」と言う格闘技イベントを企画してるとの事です。
詳しくはバナーをクリックしてオフィシャルサイトをご覧ください。

で、件の後輩は俺に出場して欲しかったらしいが、如何せん、商売柄土日は抜けられないので、丁重にお断りしました。
この後輩、こういうことに関しては天才的なアイディアマンであることを認めます。
何と言っても面白いのが階級分け。

ウエストサイズ クラス
75cm未満 スリム級
75~85cm未満 ヘルシー級
85~95cm未満 メタボ級
95cm以上 スーパーメタボ級

happy02なんじゃこりゃ?
まぁ、よくもこんなネーミングを思いつくもんだと関心しながら、なかなか理に適ってるじゃんと納得なのです。ちなみに私、ぎりぎりの線でヘルシー級、スリム級になるにはちょっとトレーニングが必要かも。

ルールも面白いですよ。
引き分けの場合、ウエストサイズの数値が低い方が勝者
ウエストサイズも同じ場合、体脂肪率が低い方が勝者

こうなると笑いが止まらないね。happy01
デブは不利!

最近ストレスたまってる貴方sign03
一丁チャレンジしてみない?good

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧