2011年4月10日 (日)

天罰

祇園精舎の鐘の聲、諸行無常の響あり。
娑羅雙樹の花の色、盛者必衰のことはりをあらはす。
おごれる人も久しからず、只春の夜の夢のごとし。

今日は都知事選投票日。
震災直後の石原都知事「天罰」発言を聞き、さもありなんと思う。
冒頭、平家物語を引いたが、「盛者」、「おごれる人」を現代人に置き換え、我欲を洗い流すとした都知事発言を咀嚼すれば腑に落ちる。
被災者にとって頗る言葉が悪いのは百も承知の上で、前置きしての発言である。
見事に急所を突かれた思いはあったが、噛み付くなどと言う気には毛頭なれなかった。

「天罰」とは、誰に下ったものか訊かれる事があった。
「現代人すべてに下ったのだと思う。」と答えた。
天変地異と格闘し、営々として築いてきた先人の知恵を蔑にし、技術によって自然を克服できると慢心した現代人すべてに下った天誅なのかも知れぬ。

権門上におごれども
国を憂うる誠なし
大地震えどなお覚めず
白虹日をば貫けど
天を恐るる心なく
ただ苟安をこととせり

大正十四年 大川周明作 則天行地歌より

原発が悪いとは言わない。
が、元来制御しきれないものを扱うと言うことがどういうことか。
関東大震災直後のこの詩は驕れる現代人全てへの警鐘である。

震災犠牲者のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
また、被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

宗教法人相撲協会

ツイッターでも宗教法人騒ぎになってるんで、行きがけの駄賃てことで。

玉木正之氏の言うように、あくまでも宗教法人というのは選択肢の一つであって、当事者の意向ぢゃねぇでしょ。
公益法人格存続が第一義的な目標だけど、一般的にはかなり問題がありまさぁね。
俺は、宗教法人化って大真面目に言ってたんだけど、誰もシャレでしか受け止めてくんないんだな。

その割には、八百長は断じて許せないとかって、しゃれにもなんない杓子定規になっちゃって、遊びが無いんだわ。
ハンドルもブレーキも遊びが無いと事故るじゃん。

まぁ、時の流れとともに時代も変わって、相撲がスポーツになって、任侠博徒が暴力団になっちまった今じゃ、こういうことになってもしょうがないかもね。

でもさ、メールって言う動かぬ証拠が出ちゃったから、今までろくすっぽ相撲を観てもいねぇくせに鬼の首取ったみたいに騒いでる連中はさ、千代の富士と貴花田の一番をどう観るんだろうね。
北の湖と千代の富士は? 遡って、柏戸と大鵬は? 北の富士と玉の海は?
戻ってきて、寺尾と貴闘力は?
最近では、白鵬と稀勢の里は?

制度が問題だとか、待遇を改善しろとか、ごっつぁん体質がどうのとか、そんなの枝葉末節。
くだらねぇんですよ。
今朝のサンデーモーニングでコメンテーターのご婦人が、「日本人全体の気風(?)の変化が投影されていると思う。」みたいなことを仰ってましたがね、蓋し名解説だと思いますよ。

スポーツなら、スポーツ刈りで蝶ネクタイの審判が合わせる国体だけでいいでしょ?
相撲の世界大会なんか、勝った奴が土俵で雄叫び上げるでしょ?

俺はそんなの相撲じゃなくて、SUMOだと思ってます。
柔道がJUDOになったのと一緒。

だから、宗教法人化が妙案だと言ってるんです。

こういうことは、文字で表現することが非常に難しいですね。
なんつうかな、、、ぼかしがね。
YESでもNOでもない・・・

だから前回「阿吽」てタイトルにしたんですけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

阿吽

金剛力士像ってのが雷門の左右に鎮座(?)しとるんだが。
向かって右だったかが、阿形で口を開いてて、左が吽形で口を閉じてんだね。
力士ってんだから、体を張って悪霊からご神体を守護してるわけだ。
で、この雷門の中が結界となるんだな。

このぐらいのところが、誰に教わったわけでもない、ガキの頃からの肌から入ってきた感覚的学習結果とでも言うもんかな。

で、相撲だけど。
珍しく食いつきがあったんで補足も兼ねてもう一回。

> 早急に公益法人の看板を外すのが先決では。

ここだけ切り取ると、ごくごく一般的なステレオタイプテレビのコメンテーターだけど、

> 税の優遇された立場さえ放棄してくれればね。

あ、そういう事でしたか。
当たり前のことだと思いますよ。
だいたい、公益法人なんて後から政府が恩着せがましく取って付けた様な制度なんだからして、要らんのですわ。
税金、つまり銭絡みだから

> 脊髄反射的な反応しか出来な

のも無理は無いんじゃない?

相撲ってのは、税金負けてもらったり、文化だ伝統だって小理屈で続けるもんじゃないんだと思う。
大体、土台になってる神道には、教義とか決まったご本尊とかが無いわけで、ご神体は山だとか、岩だとかだったりして相当アバウトなもんなんですな。
てことは、天皇の男系継承と同じように理屈で続けるもんじゃないわけで。

どうも、なんだかわかんなくなってきたけど、まぁ、理屈じゃねぇんですよ。
その、理屈にならんものに理屈をつけようってんだから、訳わかんなくなるんだな。

今日(2月11日)の毎日新聞「論点」で玉木正之氏がうまく纏めてくれてますがね。
宗教法人って、妙案だと思うよ。税金優遇されるしね。
ただ、ご本尊と、教義が・・・ これも後から取ってつけた法律の規定なんだなぁ。

その「論点」の三者が同様に指摘してたのが、「心」の問題。
これが一番大事なことです。
相撲だけじゃなくて、日本の精神文化全体の問題が相撲界に投影してると思いますよ。
善人面して相撲たたきしてるのは、天に唾するような行為だと日本人須らく反省する時じゃないかね?

ちなみに、八百長ってのは直接銭絡みの勝負に対して言うことで、その勝負に銭張ってないんだったら、八百長とは言わない。
当人同士の話し合いで勝負をやり取りするのは、星の貸し借りなのであります。相撲の場合。
そこんとこお間違いの無いように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

嗚呼 大相撲

ほんとに馬鹿だと思うわ。あの相撲取り連中は。
奴らに隠語とか符丁をちゃんと教えてやれってんだよ。
メールの内容なんかモロそのまんまじゃねぇか。
隠語符丁で、道具使わないでやり取りしてたらどんな言い逃れだって出来るってのに。

総じてメディアの論調もおかしいな。
テレビなんか偉そうに言えるだけの仕事してんのか?
みんな演出と編集とやらせじゃねぇか。
政治家や役人だって、テメェらのやってることが八百長じゃねぇか。

永六輔、吉田照美、伊藤四郎、この辺は冷静に「わかってたけど、モロに証拠出ちゃうようなまねしなさんな。」って感じでいいんだけど、みのもんたはなんかわかってねぇ感じね。
「相撲協会解散しろ。」って、無茶苦茶だろ。

NHKだっておかしい。
すぐに中継中止すんなよ。
空席だらけで、「八百長!」って野次が飛び交う本場所をきちんと中継してこそ公共放送だと思うぞ。
嫌なもの見せなきゃいいってもんじゃねぇだろ。

だいたいね、相撲ってスポーツじゃないでしょ。
「相撲は日本固有の宗教である神道に基づいた神事」(ウィキペディア)なんだからして、場所前の土俵祭り、土俵入りや行司の装束、所作すべてを包含して相撲なんで、土俵上の取組だけが相撲じゃない。
更に興行という要素が古来からあるのであるからして、そこに演出があったとしても何もおかしいことは無いんだよ。
そこに、スポーツマンシップみたいなもんを持ってくるような馬鹿はコメントしないで欲しい。

俺ら中学の時だって、
「昨日のあれ、星貸してやってるよな。」
「あぁ、あれはやってるぜ。」
なんて会話が毎場所ごとにあったわけだ。
中学生ぐらいになって、ちゃんと相撲観てる奴だったらその位の事はわかるのだよ。
そんで、その上でやっぱり相撲が好きで、国技館の立ち見に行ったりするんだよ。

そう、やっぱり相撲が好きなのだ。
だから、本場所中止なんて絶対に許したくない。
上っ面だけでモノを言うメディアとか、馬鹿な政治家や役人に楯突いてでも本場所やってほしい。
土俵が針の筵になるのは必定だけど、やっぱり相撲が観たい。

この難題は魁傑に解決してもらうしかない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

名前ってか

もともと庶民が姓なんか持ってなかったんだから、無くていい。
姓名の「名」だけで充分。
田舎行くと部落全部同じ姓なんて珍しくないでしょ。
そうゆうとこは、屋号とか在所で呼んでたりするじゃん。

ご先祖様が有名だったとか、土地の名門だとかにこだわる人は別として、庶民は「姓無し」もアリにすればいいと思うぞ。
で、姓が欲しくなったら金払うとか。dollar

俺は別に姓が絶対必要だとは思わないけどね。

ブログネタにつられちまったぃ。sad

ブログネタ: あなたは“夫婦別姓”に賛成? 反対?参加数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

言葉狩り

三遊亭圓歌の授業中とか、浪曲社長は何度聞いても大爆笑happy02

こないだ久しぶりにテレビで見たら、え? なにそれ? って、すごく違和感を覚えた。
演目の真骨頂は、なんと言っても本人が持ってた「どもり」の語り口、表情でしょ。
テレビの録画だってことでそのどもりを「吃音者」って言い換えてるんですね。

落語ってのはあくまで口語体で表現するものなんでしょ。
その語りの途中にいきなり吃音者なんて単語が入ってくると、そこで流れが止まっちゃう。
ネタは授業中ではなかったんですけど、授業中だったらどうするんだろうって、余計な心配しちゃうでしょ。

授業中は、小学校の国語の授業で、先生が順番に朗読させるところがあって、一人の子を指名した時、他の子が「先生、こいつどもりだから前の先生はあてませんでした。」って言うのを、まぁよかろうってことで指名して、「山のあなあな・・・」って盛り上がるんですけどね。
ここんとこ、小学生が「吃音者だから」なんて言ったらそこでこのネタはおしまいでしょ。

噫、悲しい哉、言葉狩り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

花火

夏になるとうちの近所でも、隅田川、荒川、江戸川などで花火大会があります。
うち、マンションの6階で東向きなんで、荒川と江戸川のはベランダから見えてたんです。
以前は、ここに住んでよかったねぇって、ベランダで花火見てたんですよ。

昨日も江戸川区花火大会がありました。

ところで、このコマーシャル見てください。

うち、これとまったく同じになっちゃったんですよ。

荒川と、江戸川の両方の花火がきれいに見えてたのに、どっちの花火もこのCM状態。crying

だから、この新作のCM見てもあんまり笑えない。catface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

猥褻

250pxdavid_von_michelangelo

蘇民祭が猥褻?
ぢゃ、ダビデ像は500年間ず~っと猥褻物陳列罪ぢゃないか?

わいせつと 思う心が 猥褻罪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

景観

今年は15日に靖国神社に参拝できた。
あの暑さの中、16万5千人が参拝したそうだ。
私もその中の一人になった。

炎暑と蝉時雨の中、神門をくぐり、第二鳥居から拝殿へ進む。
ふと、異様な雰囲気を感じたのであります。
正面の拝殿と、右手の到着殿の間からにょきっと頭を出している妙な建物が、静謐な景観に無粋な爪楊枝のように突き刺さってきているのです。
良く見るとその建物上部に「HOSEI」と読めるロゴが。。。
そうか、法政大学の市谷校舎なのかと納得しました。
調べたところ、ボアソナード・タワーと言う建物なんだそうです。

天下の法政大学が自校の発展に邁進することに異を唱えるつもりは毛頭ありませんが、静謐で静寂な空間にあれはないでしょう。

声高に「景観を損ねる」って騒ぐ人たちを斜めから見てたんですけど、その気持ち分かるようになりました。

参拝を終え、悪友と一服しながら、「あれ、邪魔だよな。」と言い合っておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

歴史探訪

昨日(16日)、恒例の靖国神社参拝。毎度の事ながら家族で行きました。

Vfsh0045 雨が降ったり止んだりの中、鳥居をくぐる。
去年までとは全く様相が違う。参拝者が異常に多い。
手水を使い、門をくぐろうとした時、娘が「あの人柄杓に口つけて飲んでるよ」と言う。
礼儀以前に、皆が使うものなのに何故そんな使い方が出来るのか疑問だ。
手水の使い方は立て看板に書いてあると言うのに。

Vfsh0046 気を取り直し、気を鎮めて参拝。
初詣のように本殿前は参拝者の行列になっている。
さっきのこともあり、特に他人の作法を気にせず、二礼二拍手一拝し、御霊に鎮魂の祈りを捧げ、恒久平和を祈る。
例年はこの後、遊就館見学に行くのだが、落ち着いて見学出来そうも無いので、休憩所へ。

Vfsh0048 昭和十一年に家政学院長より奉献されたと言う、由緒ある休憩所です。
参拝の後は、必ずここで食事を取ることにしているのです。
エアコンなど無いのですが、開放された休憩所内は周囲の緑を抜けてくる心地よい風が通っていきます。
予想はしていましたが、今までに見たこともないくらいの混雑です。
ちょっと昭和初期にタイムスリップしたような雰囲気の店内は、靖国オリジナルのみやげ物、イカ焼き、焼き鳥、ビール、チューハイ、おでんなどなど、俺好みのものが一杯です。

Vfsh0047 で、ご注文はやっぱり「ラーメン」。ごくごく普通の醤油ラーメンです。
でもね、海の家のラーメンみたいで、ここで食べるのが美味いんです。
しかし、今までに無いような混雑の中、休憩所のおじちゃんたちもかなりテンパッてて、ちょっと麺がのびてたような感じです。(T_T)
ここのおばちゃんに話を聞きました。
「50年ここで働いてるけど、こんなことは初めてですよ。皆が関心を持ってくれて、ありがたいことですね。小泉さんのお蔭です。昨日(15日)はもっとすごかったですよ。」
この他に、焼き鳥、みそおでん、枝豆、ところてんを食べながら、ビールを3杯飲んで靖国神社を後にしました。

戦争犯罪人としてその総力戦の責を一身に背負って絞首台の露と消えた同胞を弔い、祈りを捧げることが民族としての礼儀だと思う。
敵だろうと味方だろうと、死んでしまえば懇ろに、と言うのが日本人なのであって、仇敵の墓を発き、更に死体に鞭打つようなどこかの民族とは精神性が全く違うのである。
更に言えば、日本国の裁判でこれら所謂A級戦犯を有罪として認めたことは無いのである。
主権が無い占領下で外国が処刑してしまったのであるから、被告死亡のため日本の裁判は出来ないのである。
あのチャウシェスクや、フセインですら自国の裁判を受けることができたのであるから、不公平極まりない。
靖国参拝に反対するのであれば、今から墓を発いてA級戦犯を甦らせ、改めて日本の法廷に出させるべきなのである。

今年のような喧騒が無くなり、また静かに祈ることの出来る靖国に戻るのはいつの日だろう。

で、この後日本一古い遊園地「花やしき」に行ったのでした。
日本一古いローラーコースター(ジェットコースター)は、世界一怖い絶叫マシンです。
隣家すれすれに走り、そのまま浅草寺まで飛んでいくんじゃないかと言う恐怖の30秒間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧