2014年1月17日 (金)

肺に影が・・・

去年、胸部X線検査で、右肺の下のところに影があるってんで、精密検査を受けることになりました。
そんなに気にはしてないんだけど、一応やっとけばなんか見つかっても早めだろうってことで、こないだMRI検査しました。

事前の問診で、案の定、たばこやめましょうって言われましたけどね、名刺出したんですよ。
「喫煙具専門店ラ・ピエール」って書いてあるやつ。
医者は忙しいから、こっちの話をじっくり聞く暇なんぞないだろうと思って、名刺出してにやっと笑うだけにしときましたけどね。
相変わらず、馬鹿の一つ覚えみたいに禁煙禁煙ばっかり。
俺がどういう煙草をどういう風に吸ってるかなんてことはお構いなし。
たばこっつったら、シガレットスパスパ吸ってるだけだと思ってやがる。
でも、感じのいい先生だったからいろいろ冗談言いあって面白かったけど。

閑話休題
レントゲン写真では、結核の跡が残ってるのがわかって、一瞬びっくりしたけど、結構あるんだそうです。
10人に一人は、結核になっても本人が気づかないうちに治ってて、跡だけ残ってるんだそうです。
肺活量が4300㏄ぐらい、肺機能検査したら肺年齢がマイナス10歳だったのには我ながらびっくり。
んでもって、MRI検査結果も何にも異状なし。きれいなもんでした。
若干の気泡っつったかな、これが気胸になることもあるよってとこがあった程度で、特段の異常なし。
レントゲン写真の影はなんかのはずみってのか、そういうものが入っちゃうこともあるみたいだそうです。
特に気にすることもないから、当分たばこ吸ってもいいですよ。って医者の先生に言われた。
ま、あんたに言われなくてもたばこ吸うし、なんか見つかってやめろって言われてもやめねぇだろうけどね。

ざまぁみさらせ、まだまだ元気だよってね。

たばこ吸い始めて35年以上たってるんですけど、何か?
ってなもんだわ。

俺の場合、小学校で天井のアスベストにドッジボールぶつけて、ぱらぱら落として遊んでたほうが心配だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

エイプリルフール

久しぶりにブログ更新となったんですけどね。
エイプリルフールだから何かないかなぁって考えてたら、ふと思いついたんでツイッターに次のように書き込んだんです。

ツイッターの内容。

【RAWペーパーキャンペーン】
ペーパーが残り10枚になると出てくる警告紙に「当たり」が入ってたら、RAW年間パスポートがもらえます。
これさえあれば、世界中のRAW販売店で製品買い放題
さあ、RAWペーパー大人買いだ!

読んでみると、何にも面白くない内容なんですよ。
割引とか記念品プレゼントとかじゃなくて、年間パスポートもらっても「買い放題」って、ただ普通に買うだけじゃん。
だから、な~んだつまんねぇの。 で、一笑に付されるだけのしょーもないエイプリルフールで終わると思ってたんですけどね。
実際、うちのサイトのアクセスは上がらないし、問い合わせもなかったから、やっぱりスベッたなぁ って思ってたんです。

ところがところが、午後になって代理店が問い合わせ殺到で大変なことになってるって連絡が入り、件のツイートを削除することになりました。
ここらへんがネットの怖さなのかも知れません。
どこへどう広がるかわかんないんですね。情報が予測できない動きをするんです。

代理店さんにはご迷惑をおかけしまして申し訳なかったです。
内容を事前に伝えておけば、対処方法も練っておけたかもしれません。

さて、来年はほんとに面白いエイプリルフールにしなきゃ。
今から考えようっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

友よ

友よ。

お前にとって俺は何だったのか。
俺に無断で三途の川を渡ったのは何故だ。

奴はたばこを吸った。
右手の人差し指と中指はたばこで変色していた。
しかし俺は、「たばこは止めるな。」と言った。
アルコール依存症の逃げ道は、たばこだと思った。

精神病魔は、心に寄生し、精神を蝕み、その宿主をして死に至らしめる。
人はこれを自殺という。
しかし、奴の死を自殺と言うことはできぬ。
まさに、病死である。

たばこが奴を少しでも延命させたと、俺は信じている。
しかし、奴は逝った。 宿命か。

33年、長いようで短いような付き合いだった。
奴が逝ったのは去年8月。
やっと弔辞を言える気になった。
いずれ俺も三途の川を渡る。
今度会うときは、気兼ねせずに杯を干そう。
待ってろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月31日 (土)

続 たばこ事業法

第一条  この法律は、たばこ専売制度の廃止に伴い、製造たばこに係る租税が財政収入において占める地位等にかんがみ、製造たばこの原料用としての国内産の葉たばこの生産及び買入れ並びに製造たばこの製造及び販売の事業等に関し所要の調整を行うことにより、我が国たばこ産業の健全な発展を図り、もつて財政収入の安定的確保及び国民経済の健全な発展に資することを目的とする。
今のたばこ産業を健全に発展させる根拠ってどこにあるんだろ?
事業法はきれいごと書いてるけど、要するにたばこは完璧な収税商品として機能してるわけで、そこんとこの本音は言ってないんだな。
産業の健全な発展=完璧な収税 ってわけだ。
たばこ販売を免許制にしてるのも、扱い商品を完璧に把握して1円漏らさず税金を吸い上げるようにするためだと解釈すれば合点がいく。
きっかけは日露戦争の戦費調達なんだけど、安定税収の優等生なのでいろんなことに悪用されていくわけだ。
記憶に新しいのは、旧国鉄の債務返済財源にされちゃったことだな。
たばこ税は割と簡単にいじれるし、たばこ呑みは大人しくてあんまり文句言わないからすぐ値上げされちゃうんだよ。
ほんとは値上げしたたばこ税で全国に快適な喫煙所作るぐらいの事しても罰は当たらんと思うぞ。
今年の震災の復興財源でも浮上したし。
別に、たばこ値上げして復興財源にしてもいいよ。
そのかわり、パッケージに「復興税15円を含む」って書いてくれよ。
で、被災地で売るたばこは15円安くして売ればいいじゃん。
と、ここまで書いてきてあほらしくなってきた。
ところで、震災以降、行儀の悪い自転車乗りが増えて困ります。
たばこ税で、自転車道路を整備してください。
そのために、たばこが5円値上がりしても、俺は我慢できます。
今年はいろいろと大変な年でしたけど、どうやら生きて新年を迎えられそうです。
みなさまどうぞ良いお年を。
ちなみに、私儀喪中に付き新年のご挨拶はご遠慮させて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月31日 (日)

鰯の頭も信心から?

最近、ツイッターで軽く済ませちゃうんで、ブログはご無沙汰だね。

たまにネタにする毎日新聞の時代の風ですけど、今日(7/31)は「人はなぜ信じるのか」です。
このコラムの後段、「なぜ放射線ホルミシスは信じないで、米のとぎ汁乳酸菌を信じるのか。」の行を、「なぜたばこの心療効果は信じないで、パッケージのmg表示を信じるのか。」と置き換えても面白いんじゃないかと思います。

シャグや刻みのニコチン・タール値を聞かれた時に、「大本営発表のミリシーベルトを信じてますか?」と聞き返し、「たばこのmg表示も同じようなもんだよ。」と続けるのがネタになっちまいました。

良く解らないから、なんとなく気持ち悪いってだけ。
その「なんとなく」がどんどん増長するんだな。

だからどうってこと無いんだけど、高学歴のインテリ兄ちゃん達がこぞってカルトに走るのって、こういうところなのかもね。
よ~く心して置けよ。前神奈川県知事の松沢君。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

危機管理

うちはね、たばこ屋じゃないんですよ。
タイトルにもあるでしょ。
道具屋なの。道具屋!
だからいきなり入ってきて、「キャビンスーパーライト」とか、「マルメンライト」なんて言われると、鳩が豆鉄砲食らったみたいになっちゃうんだよ。
でね、横にある自販機はうちのじゃないの。それとね、ついでに言うけど俺はタスポなんか持ってないの。つか、タスポ持ってる意味無いの。

パイプ、シガー、手巻き、煙管等のスモーカー諸賢には今更と言う感じではありますが、出かける時に、必ず自分のたばこは確認することと思います。
斯く言う私、飲み会に行く時は必ず余裕を持ってたばこを用意します。
飲んだくれて終電逃し、野宿しなければいけなくなった時、たばこが無いのはとっても悲しいですからね。
冒頭の所謂いつでもどこでもいくらでも売ってる銘柄だったら、たぶんこういう神経は使わないんだろうけれど、小粋もゴールデンバージニアもそんじょそこらじゃ売ってませんからね。

ちょっとしたことですけど、これも所謂危機管理の一部だと思います。
いつでもどこでもいくらでも売ってるのが当たり前になって、それに慣れてしまうと、ちょっとたばこを切らしてしまって、売ってるところがなくて、やっと見つけてもタスポが無くて、となっただけでパニックになってしまう。
こんな滑稽な話は無いでしょ。

パイプたばこ、手巻きたばこ、刻みたばこは、そうそうどこでも売ってるもんじゃありません。
てことは、いつでも困らない分のストックをしておく、出先で売ってるわけないから、出かけてる間の分は必ず持っていく、この程度のことは皆さん普通にやってるはずです。
これがちょっとした危機管理って事でしょう。
つまり、売ってないのが当たり前として行動してるんですね。

これ、電気や水道、ガスについても同じじゃないかな。
震災直後の停電とか、断水とか、そのときになって慌てふためくんではなくて、電気も水道もなくなることがあるって事を前提に行動していることが必要なんじゃないか。と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

宝船

Takarabune1

新銘柄の刻みたばこ「宝船」のサンプル入手しました。
柘製作所謹製であります。
ベルギー製、20g、500円で、3月1日発売だそうです。

Takarabune2

パウチをあけるとこんな感じで。。。

Takarabune3

早速詰めて。。。

Takarabune4

一服してみました。
なんと言うか、ナチュラルな柔らかくて甘い、いいブレンドですな。
灰落としもスムーズで、往年の山吹とは大違い。
ちなみに、山吹は一服しただけで全部捨てました。pout
ふと、ゴールデンバージニアに似てるかなぁって感じたので。。。

Takarabune5

比べてみたら、あらそっくり!
宝船のブレンドは、黄色葉(ヴァージニア)70%、バーレー19%、サンキュアード・バーレー7%、オリエント4%だそうで、味も近いってのが納得。
ぢゃ、ってんで手巻きにしてみたら、これがまんまいけます。
きせると手巻き兼用って事でいいんじゃないかな。

でも、やっぱり小粋の域には及ばないだろうと、

Takarabune6

だよなぁ、この細さは。
で、ふと思いついて乾燥して粉々になった小粋を宝船に混ぜてみたところ、結構いけちゃうんだな。これが。

結論:いいと思います。◎

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月31日 (金)

たばこ事業法

第一条  この法律は、たばこ専売制度の廃止に伴い、製造たばこに係る租税が財政収入において占める地位等にかんがみ、製造たばこの原料用としての国内産の葉たばこの生産及び買入れ並びに製造たばこの製造及び販売の事業等に関し所要の調整を行うことにより、我が国たばこ産業の健全な発展を図り、もつて財政収入の安定的確保及び国民経済の健全な発展に資することを目的とする。
 
わが国のたばこ産業は、果たして健全に発展してるんでしょうか。
関東財務局管内で、11月30日から12月24日までにたばこ販売許可を得た業者、個人は148件です。
このうち、コンビニがなんと104件で7割を占めています。
大資本の販売戦略として必ず売れるもの、つまりたばこを商材として確保する為に法律に則って立地を選定するのは当たり前です。
結果、許可者数にコンビニが占める割合が多くなるのは当然と言えば当然です。
 
たばこネット販売調査2」で経緯を書きましたけどね、この時に担当官から次のように言われました。
「法律に基づいて、場所と人に対して販売許可をします。」
場所ってのは、隣のたばこ屋からの距離が規則で定めた以上のものであること、つまり離れてなきゃダメってこと。
人ってのは、過去にたばこ事業法関係で罰金だとか禁錮だとかの処分を受けてない人のこと。
 
このネット販売調査の前に、許可申請をしてたんですがね、今年の1月に。
その返事がこれ。
Photo
まぁ、なんともあっさり断られちゃいました。
法律で決まってるんだから、しょーがないっすね。
別にお役人様に文句言っても始まらないし、だからってアンポンタン国会議員様たちはたばこ事業法なんか構ってる暇はないでしょうし。
 
たばこ販売許可ってのは既得権益化してるんですね。
一回取っちまえば、滅多なことじゃ取り上げられないし、すぐ隣に気の利いた販売力のありそうな同業者が出店することも無いんです。
うちだって錦糸町駅前だからそこそこ人通りあるんですよ。
そんなところでも50m以上離れてなきゃいけないんです。
だからって隣のたばこ販売店のことをどうのこうの言うつもりは無いですけどね。
 
たばこ事業法には、寡婦だとか障碍者にはその距離規制をまけてくれるっつうか、割引してくれる条項があるんですけどね、その前にコンビニがバンバン許可とってたら割引されてても間に合わなくなっちゃいます。
 
たばこは財務省が収税商品として固めてるんですけど、其処へ「健康税」とか何とか屁理屈をこねて最近割り込もうとしてるのが厚生労働省で、そんな事情もあって10月の大幅値上げになっちゃいました。
 
巷間、今までご夫婦でやってきたような町のたばこ屋さんの廃業が相次いでます。
こんな利幅の無い、税金払うだけみたいなもの売っててもやって行けなくなってるんですね。
 
たばこ農家のことは詳しくわかりませんけど、今回の値上げでだいぶ生産調整っつうか需要が減るんで大変だ、みたいなこと仰ってましたね。
 
まぁ、こんな事情なんですけど、ほんとにこれがたばこ業界の健全な発展と言えるんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

たばこネット販売調査2

ちょっと間が空いたけど、続編。

2

パイプたばこ、刻みたばこ、手巻きたばこ、葉巻、嗅ぎたばこ(スヌース)。
これらのたばこはどこで買う(手に入れる)のでしょうか?
コンビニは当然扱ってません。
たばこ屋さんだと、「置いてません。」とか「まとめて買ってね。」と言われる。
ちょっと大きいたばこ屋さんで売っているのは知っているが、遠い。

だよね。
うちは、パイプ、煙管、手巻きのペーパー、その他諸々の道具扱ってるから、うんざりするほど聞かれたんですよ。20年ぐらい前にね。
で、いろんな所に相談したわけです。
J●の関係会社とか、●製作所とか、●山さんとか、ほんとにいろいろ。。。
それで出た結論が、「たばこ屋で買って、置いとけばいいじゃん。」てことでした。

そう言えばそうだ。
お客さんが不便してるんだから、儲けにならなくても便利のために置いておこうって言うことで知り合いのたばこ屋さんから買って置くようになりました。
その頃(20年ぐらい前)から、たばこ屋さんの廃業が増え始め、コンビニに変わっていくようになり、ますます手に入れづらくなってきてました。

「おたくがアンホーラ置いといてくれるから助かるよ。」(アンホーラに限らず)
と、よく言われます。

そうこうしていると、インターネット解禁ということになり、うちの周りでも不便してる人がいるんだから、全国だったらもっと困ってる人が居るだろうと思い、ホームページに掲載することにしました。
その時も、前記のいろんな所に相談しましたよ。
で、結論は「定価で買って、定価で分けてるんだからいいんじゃない?なんか言われたらそのとき考えようよ。」と言うことで、かれこれ14年、誰からも何も言われることなくネットにパイプたばこや、葉巻を載せて皆さんにお届けしてきました。

そこで、今回(2月)の調査です。
画像のように正直に書きました。
販売店番号は無いから書けませんが、必要事項は欄外に記載、回答できるところは誠意を持ってきちんとね。
なんたって、回答しないと罰金とか懲役とか物騒な脅し文句があるんで、ビビッちゃって。wobbly

回答を返送してから数日。電話がかかってきました。
担当の人(女性) 「関東財務局ですが、今回のたばこネット販売調査に付いて確認したいことがあります。販売店番号などの記入が無いのですが、お忘れですか?」
俺 「いいえ、忘れてません。持っていませんから書かなかっただけです。」
担 「と言うことは、たばこ販売許可は?」
俺 「ありません。」
担 「では、ネット販売しているたばこはどこから仕入れていますか?」
俺 「知り合いのたばこ屋さんから定価で買ってます。」
と、ここで担当の女の人との会話は終了、電話を切りました。

15分後、今度は先程の女性の上司と思しき人から電話。
担 「販売許可を持たずにたばこのネット販売をされているようですが。」
俺 「いえ、たばこは知り合いのたばこ屋さんから定価で買い置きしたものを定価で頒布しているのです。」
担 「たとえ利益がゼロであっても、継続して陳列し、頒布することは販売に当たります。即刻止めてください。」
俺 「え?これって販売なんですか?」
担 「そうです。」
俺 「でも、これ止めなかったらどうなるんですか?」
担 「しかるべき処置をとることになります。」 国家権力キタタタタタ←(゚Д゚,,)→タタタタタァ
俺 「はい、わかりました。」

で、当然勝ち目は無いから、すぐにパイプたばことか、葉巻はホームページから消去しました。
困る人一杯だろうな~ と思いながら、ごめんなさい。
ちなみに、しかるべき処置といっても、たばこ販売許可の取り消しとか、罰金です。

と言う訳で、うちがパイプたばこ、葉巻などをホームページから削除した顛末でした。
財務省ホームページにも記載があります。
http://www.mof.go.jp/singikai/zaiseseido/siryou/tabakoa/tabakoa220628_1_1.pdf
「5.不適切事案(無許可販売)の把握・是正」の項、2者のうちの一つがうちなんですけど、あと一つってどこだろ?

この項、つづく。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

タスポ

私儀、タスポなるものは持っておりません。
必要ないと言うより、持っている意味が無いんです。
普段は、ゴールデンバットとか、しんせいとか、小粋とか、ゴールデンバージニアとか、ラタキーな葉っぱだから、自動販売機には入ってないし、滅多なとこじゃ売ってないし。

別に、人がどんなたばこ吸おうが俺の知ったこっちゃ無いんだけど、うちの店来て「タスポ持ってないんだけど、近くで買えるところない?」なんて聞かないでくれないかな。
ここ、錦糸町駅のまん前なんですよ。
コンビニは7~8軒あるし、駅のキオスクもあるし、LIVINの地下食品売り場もあるし、ちょっと探せばどこでも買えますよ。
まして、「タスポ貸してもらえますか?」なんて言語道断。
あれ、貸し借りしちゃいけないんだよ。

自分が吸ってるたばこぐらい、切らさないようにしましょうね。
少しぐらい不便なほうが、気をつけるってもんなのかも知れないな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧